最近増えている東京の質屋に気をつけましょう

東京には幾つかの質屋がありますが、どこの質屋でも大丈夫といわけではなく、やはりきちんとした質屋を選ぶ必要があります。

最近ニュースなどにもなって騒がれている様に、東京にも質屋と称して、本来の質屋としての営業をしていない偽の業者があります。

※参考リンク⇒担保価値のない物品を質に取り、実際には違法な高金利でお金を貸す「偽装質屋」_国民生活センター

結果的に詐欺にあうのと同じ様な事態になりますので、騙されない様に十分注意する様にしましょう。

では、どの様な質屋が偽の業者なのかといえば、優良な質屋との最も大きな違いは、質入れする品物について、価値がないものでもOKとしていることです。

しかも、その価値のない品物に対して高額な融資をするというケースがほとんどです。

預ける品物がないという人にとっては、それでお金を借りられるのであれば、かなり食いつきたくなる様な質屋ですが、世の中そんな美味しい話が転がっているわけはありません。

偽の質屋であった場合、借りる時は優しくても、質流れという選択肢はなく、指定口座を決められて自動引き落しで無理矢理返済を迫ってきます。

ネットなどの情報に疎い高齢者は特に騙される傾向にあり、年金がそのまま入金されたらそっくり引き落とされてしまうなどして、生活困難に陥ってしまうというケースが後を絶ちません。

質屋を利用する場合は、どんな場合においても借入する価値のある品物が必要であり、質預け、流質期限などが決められており、質流れとして清算することができる様になっているので十分注意する様にしましょう。