東京の質屋を利用するにあたって良くないことはある?

東京で急いでお金を借りたい!という時に便利なのが質屋なのですが、質屋を利用するにあたって、良いこともあれば、そうでないこともあるということをきちんと把握しておかなくてはなりません。

質屋のシステムというのは、お金をただ借りられるというのではなく、自分所有の品物を担保として預け、その品物の価値相当の金額のお金を借りられる様になっています。

預けた品物というのは、期日以内にお金を返済すれば、返してもらえる、返済できなければ返してもらえないという仕組みになっていて、消費者金融の様に返済できなかった場合に督促がきたり、利息が増える様なことはありません。

しかし、基本的にはお金を借りるということになるので、全くのリスクがないという訳ではないことを覚えておきましょう。

東京には幾つかの質屋があり、優良なところも多く安心して利用することができますが、質屋を利用する際には当然、借りるためのそれ相応の価値ある品物を用意する必要があります。

ですから、必要なお金が10万円だったとしても、それに見合うものを持っていなければ、10万円は借りることはできないということです。

また、自分では10万円の価値があると思っても、質屋ではその通り査定してくれるとは限りません。

そして、質屋では担保を入れるといっても金利は年利109.5パーセントとかなり高い金利になっているので、実際に質屋を利用する際には、良く検討して慎重に借入をする様にしましょう。